国分寺市でのアルバイト体験

国分寺市にある高校に通っていた友人は同じ国分寺市にあるアイスクリームショップでアルバイトをしていました。そのアイスクリームショップでは製造と販売をしていました。学校が終わったあとそのままアイスクリームショップに寄って仕事を始めます。製造の仕事は専門の従業員がいるようで製造室には滅多に入ることはなかったそうです。作られてアイスクリームは別の冷凍庫で保管されているそうです。友人の仕事はほとんどが接客になります。最初は研修を受けることになりました。研修では挨拶の方法から教わったそうです。はじめのうちは恥ずかしさから声が小さくなり注意ばかり受けていたそうです。慣れてきて大きな声で挨拶できるようになったらアイスクリームの取り方を教わりました。アイスクリームは丸いケースに入っていていっぱいに詰まっています。アイスクリームの取り方では土を掘るような感じでアイスクリームをすくっていくそうです。下に行くほどアイスクリームは固くなり力を込めていかないとなかなかすくえないそうです。筋肉痛になったそうです。研修も終わり店頭での仕事をすることになりました。店頭では社員が接客を行いアルバイトはアイスクリームの交換や清掃などをしていたそうです。人手の足りないときには接客に入りました。アイスクリームの種類は多く覚えるのに大変だったそうです。二段に盛り付けるときも力が入りすぎると下のアイスクリームが潰れてしまうので加減が必要でした。数時間のアルバイトでしたが接客では気を使って疲れると言っていました。帰宅するときは国分寺市から電車で帰るのですが疲れて寝てしまいそうになったそうです。

コメントする

»