アウトドアで放射線測定器を使った場合の不思議

最近になって、購入したり、あるいは友人から借りたりして、放射線測定器を手に入れたという人もいると思います。自分が住んでいる場所の数値がどれぐらいなのか心配だから入手したという人もいるでしょうし、テレビなどで放射線の話を聞いて、ただ、興味を持ったから手に入れたという人もいるでしょう。後者の人の場合は、放射線測定器をアウトドアで使うことで、たとえば、東京の放射線量と公式に発表されている数値というのは正しいのかを確かめてみたいという人もいるでしょうね。

本当に同じ数字が出るのか確かめてみたいという人は、他意はなく、だいたい好奇心ではかってみるケースがほとんどです。しかし、実際にアウトドアに放射線測定器を持っていってはかってみると、数字が結構違う場合も多いです。数字が同じなら納得してそのまま変えるのですが、同じだと今度は疑心暗鬼になってしまうんですね。最初はただ放射線量をはかってみたいという目的だったのに、心配になって自分の生活圏のいろんな場所をはかりたくなってくるのではないでしょうか。

都や県から発表された放射線量の値と、個人がアウトドアに放射線測定器を出して、はかった場合の値がなぜ違ってくるかというのは、いくつか理由があります。一番多いのが、はかった場所の高さが違うということです。たとえば、新宿の都庁ではかった場合、都庁の入り口前と、都庁の展望室ではかった場合とでは結構、数字は変わってくるはずです。他にも様々な理由があるので、都道府県、市町村の発表と、自分が計測した値が違ってもそれほど心配する必要はありません。

コメントする

»