ナイトワークで、働く若い世代の回答

風俗のアルバイトはお金を稼ぐために女性たちが選ぶことができる最も簡単な方法である。

全国の若い女性のうち3%が調査時点(2014年11月)6ヶ月以内に風俗関連の高収入アルバイト経験があるとした。(大手風俗求人サイト

しかし、風俗店舗でのアルバイト経験がある青年の割合は、実際にはさらに高いものと予想される。

風俗店舗で、働く理由として、「生活費を稼ぐためにアルバイトをすることが分かった。」 普通にフリーターで働くと、生活費で終わってしまう。

買い物や、その他のことで、お金を工面しなくてはいけないので、風俗店舗で働くのだ。

次に、求人で、最も重要視しているのは、「賃金水準」だった。 アンケート参加者の中42%(62人)が回答した。続いて「労働時間や疲れる仕事内容」(23%、33人)だった。

「お金が必要なので仕事をする、至急にお金が必要と迫られたので、探した」 などの、回答も目立った。

一方、嫌いじゃないから、その仕事をしているという人もいた(17%、25人)。

金儲けを越えて未来のための投資にここの場合であった。

意外にも「お金を稼ぐために」や「自己実現の追求」などではなかった。

最も多くの若い子たちが就職は「当然すべきもの(43%、64人)」と考えていたが。

生活の中で就職は当然の過程でどのような目標を達成するための手段として思わない物足りなさがにじみ出る回答だった。

特に、東京などの都市部の風俗求人では、むかし援助交際をしていたという女性などが多く、風俗店で働くことに抵抗がないという傾向がある。

コメントする

»